装着方法
1.  自髪をまとめる
  
 自髪があまり長くない方は、ピンを使って自髪をまとめます。ロングヘアーの方はウィッグを付ける前にネットを使って自髪をまとめます。
 
2.  ウィッグを付ける
 
ショート・ウィッグの場合は、自髪の生え際とウィッグの先端を合わせてから、ネープ(襟足)の部分を持ってかぶります。ロング・スタイルの場合には、ネープを押えて後ろから前へかぶるとうまく行きます。
 
3.   位置の調整、仕上げ
 
ウィッグのもみ上げの部分を持ち、位置を調整します。その後、ブラシで軽く整えて完成です。
 
ヒント
 
1.くしゃくしゃになって型崩れしたウィッグは、かぶる前に形を整えておくと時間短縮になります。ショートは軽く振って自然な形に、ロングは軽くブラシで形を整えます。
 
2.既製のウィッグは必ずしも自分にぴったり合ったヘアー長・毛量であるとは限りません。そこで、自分の顔の輪郭に合うように少しカットしてみてはいかがでしょうか。すきバサミを使って少しづつ調整して下さい。但し、切りすぎには十分気をつけてください。
 
3.ウィッグを包装から出したときにヘアーに折癖が付いていることがあります。この場合、癖の付いているところに少し水スプレーをしてから丁寧にブラシを掛けながら癖を取ってください。(カーリー・スタイルの場合には手ぐしをお薦めします)自然乾燥させた後、装着してください。
 
4.ウィッグの保管時の注意点としては、あまり暑くない室温状態で保管下さい。また、ウィッグスタンドをご利用をお薦めいたします。


Copyright© 2010-2017 Pretty Sharon All rights reserved.